アートメイクの最新技術「6Dストローク」って何?3Dや4Dとの違いは?

ここ近年で、アートメイクが話題になると同時に、その技術も急速に進化を遂げています。

最近では、よりナチュラルな仕上がりになる「3Dストローク」「4Dストローク」が主流と言われていますが、
ここにきて人気アートメイククリニックのメディカルブローから「6Dストローク」という最新のアートメイク技術が誕生したのを知っていますか?
【アートメイクについてまず知りたい方はこちら↓】
おしゃれ女子の間ではもう当たり前?!今、話題の眉アートメイクを大検証
【4Dストロークについての記事はこちらから↓】
眉を1本1本描くアートメイク。メディカルブローの「4Dストローク」とは?

アートメイクの最新技術、6Dストロークって?

そもそも6Dストロークとは一体何なのか、従来のアートメイク技術とはどのような違いがあるのかが気になりますよね。
ここでは6Dストロークについての基本的な情報をまとめてみました。
【6Dストローク体験談の記事はこちら↓】
アートメイク体験談。メディカルブローの6Dストロークをレビュー!
眉アートメイク2回目体験。メディカルブローの「6Dストローク」を受けてきた!

アートメイクの6Dストロークとは

6Dストロークは芸能人御用達で有名な人気クリニック「メディカルブロー」が2019年から最新技術として提供を始めたアートメイク手法のことで、
「自然すぎる眉」から「美しすぎる眉」をコンセプトに口コミやSNSを中心に話題を集めています。

3Dストロークや4Dストロークとの違いは?

3Dストロークや4Dストロークなら知っているという人も多いと思いますが、6Dストロークとの具体的な違いは何でしょうか?
それを知るためには、まず、それぞれの技術の特徴を知る必要があります。

3Dアートメイクの特徴

元々、3Dアートメイク (3Dストローク)とは手彫りで1本1本の毛並みを描いて表現するアートメイク技法で、本物の眉毛のような仕上がりになるのが特徴です。

デメリットには、手彫りによる痛みや施術時間が長くなってしまうこと。
それに加えて、元々の眉毛が薄い人にとっては自然な眉毛を彫るのは難しいということが挙げられます。

4Dアートメイクの特徴

一方で4Dアートメイク(4Dストローク)は、3Dストロークでは表現できなかったよりナチュラルな立体感を出す技術で、眉毛の量が少ない人にも施術できるのが最大の特徴です。

デメリットとしては、3D同様に1本1本の毛を手彫りで表現するため、痛みや施術時間が長くなること。
それ以外には目立つデメリットはあまりないと言えるでしょう。

3Dや4Dアートメイクと6Dアートメイクの違い

6Dアートメイクは、4Dアートメイクをより進化させたもの。
4D同様に元々の眉毛が薄い人でも立体感のある眉毛を表現することが可能で、従来の針よりさらに細い超極細針を使うことで、より自然な仕上がりになるのが最大の特徴です。

また、アートメイクを行う人の顔の骨格から「理想の黄金比」を導き出し、美しいデザインに仕上げるのも今までの施術とはまた違ったアートメイク技法と言えます。

ナチュラルで綺麗なデザインの眉毛のアートメイクには1番適した施術方法として、これからのアートメイクの主流になるかもしれませんね!

理想の眉毛のデザインが分からない人にはピッタリ

自分の顔や、雰囲気にあった眉毛の形が分からないという人も多いはず。
6Dストロークは、自分の顔の形や理想の雰囲気からその人に1番に合う黄金比を割り出してデザインを行ってくれるため、「とにかく自分に似合う眉毛を入れたい」と思っている人にはピッタリのメニュー。

また、6Dストロークはリップラインなどの唇にも施すことができるため、自分の顔色や肌質に合った色やデザインも行うことができます。

芸能人やモデルにも人気

メディカルブローは芸能人やモデル、有名な美容YouTuberやインスタグラマーなどが来院しアートメイク施術しているという信頼性が高いクリニック。
もちろん最新技術の6Dアートメイクを施した有名人も多いようで、Instagramを中心に来店した時の写真などを公開しているので、憧れの芸能人のようなアートメイクを行うことができるんです!

メディカルブローについては、こちらのサイトに詳しく書かれていたので参考にどうぞ。
メディカルブローの口コミ、おすすめランクや予約のコツを調査!

アートメイク最新技術の6Dストロークのデメリット

ここまでいいこと尽くしの6Dストロークですが、デメリットも考慮して施術を検討することが大切です。

アートメイク自体のデメリットは変わらない

6Dアートメイクは技術が優れ、仕上がりの良さが好評ですが、アートメイク自体のデメリットは付き物です。
具体的には痛みや腫れ、ダウンタイムや退色など、一般的なアートメイクのデメリットがあることを考慮して施術するかどうかを検討しましょう。

6Dの施術を行うクリニックがまだ少ない

6Dアートメイクはメディカルブロー独自の最新技術ということもあり、現在では施術ができるクリニックが限られているというのがデメリットとして挙げられます。

ただ、メディカルブロー自体は東京や大阪、名古屋や福岡など主要都市であればどこのクリニックでも6Dストロークが行えるので、気になる方はお近くのクリニックに相談してみてはいかがですか?
♡おすすめクリニックはこちら♡

【東京でお探しの方はこちら↓】
東京でおすすめのアートメイククリニック13選
【大阪でお探しの方はこちら↓】
大阪で眉のアートメイクするならここ!おすすめクリニック12選

コメント

タイトルとURLをコピーしました