進化系アートメイク!眉に入れるなら3D・4Dがナチュラルでおすすめ

アートメイクで眉ラインを入れようと検討している人であれば、その仕上がりを出来るだけナチュラルで自然に仕上げたいですよね。
スッピンになった時に眉だけハッキリと悪目立ちするのも避けたいものです。

今回は、より自然な仕上がりになると話題の3Dアートメイク、4Dアートメイクについてまとめてみました。
それぞれの仕上がりの違いやあまり知られていないデメリットもあるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

今話題の3D・4Dアートメイクって?

アートメイクで1番気になるのが「自然な仕上がりになるか?」ですよね。

一昔前のアートメイクと言えば、「刺青タイプ」のべた塗りが主流でしたが、最近では”グラデーション”と呼ばれる技術が使われているため「眉毛ペンシル」で書いたような自然な仕上がりが出来るようになりました。

ですが、それはあくまで「メイク時の仕上がり」を想定したアートメイク法なので、スッピンになった時に少し目立ちやすいというデメリットがあります。

今話題の3Dアートメイクや4Dアートメイクは最新技術を用いて毛の1本1本を再現していくという手法。
”グラデーション”に比べて「まるで本物の眉毛が生えているかのよう」に見せてくれるアートメイクの技術なんです。

そんな3Dアートメイクと4Dアートメイクも、それぞれ特徴や違いがあります。

アートメイクの最新技術「6Dストローク」って何?3Dや4Dとの違いは?

3Dアートメイクの特徴

3Dアートメイクは、手彫りによって1本1本眉毛を描きくことで毛並みを表現する手法で、”3Dアートメイク”・”3D刺繍”などの名称が一般的です。

本物の眉毛に近い仕上がりになるため、メイクを落とした時にも眉毛の濃さが目立たず、違和感がないのが特徴。
眉毛を1本ずつ描くことで好みに合わせて眉毛の濃淡を調整しやすいのもポイントです。

3Dアートメイクがおすすめな人

3Dアートメイクは1本1本眉毛を表現するため、よりナチュラルで自然な仕上がりを求める人にとっておすすめです。
また、スッピンの時でも自然な眉毛になれるため、すっぴん風メイクをしたい人やアートメイクがバレたくないという人にはピッタリですよ!

4Dアートメイクの特徴

4Dアートメイクは”グラデーションアートメイク”と”3Dアートメイク”のいいところを組み合わせた技法。
本物の眉毛に近い状態に、アイブロウパウダーをうっすらとつけたような仕上がりが特徴です。
【4Dストロークについての記事はこちらから↓】
眉を1本1本描くアートメイク。メディカルブローの「4Dストローク」とは?

4Dアートメイクがおすすめな人

4Dアートメイクは他の技法に比べてより立体感が出やすいので、元々の眉の量が少ない人や眉毛が殆どないという人におすすめです。
ほんのりメイクで眉を作ったような仕上がりになるので、メイクをしている時もしていない時も理想の眉を保つことができますよ!

アートメイクを3D・4Dにするデメリットは?

メリット1:施術時間が長くなる

3Dアートメイクや4Dアートメイクは眉の毛並みを1本1本手彫りするため、施術時間が長くなってしまうというデメリットがあります。

メリット2:入れる時の痛みは施術者の腕次第

3Dアートメイクや4Dアートメイクは施術者の手で彫っていくため、力の加減や針の入り具合が一定でない場合には痛みを感じることがあります。(痛みの感じ方には個人差があります)

施術の前に麻酔を塗るため我慢できないほどの強い痛みではないにせよ、どうしても痛みが心配な人は事前に医師に相談しましょう。麻酔の量を調整してもらうことができますよ!

まとめ

3Dアートメイクや4Dアートメイクは、より自然な仕上がりに仕上げたい人にとっておすすめです。

施術時間が長くなったり痛みを感じやすい方は、医師免許をもった施術者に麻酔を調節してもらうことでより安心して理想のアートメイクを行うことができますよ!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

現在、従来の4Dストロークの針よりも優れた6Dストロークが最新技術となっております。
専用の超極細ニードルを使用しているので、
今まで以上に繊細な毛並みを描くことが可能になった手法です。

【6Dストローク体験談の記事はこちら↓】
アートメイク体験談。メディカルブローの6Dストロークをレビュー!
眉アートメイク2回目体験。メディカルブローの「6Dストローク」を受けてきた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました